自分に最適な歯医者を見つけて、痛みのない治療を受けよう

歯が抜けた場合

インプラントの治療について

インプラントとは失ってしまった歯の歯茎を切り開いて、金属でできたインプラントと呼ばれる支柱を骨の中に埋め込み、その上に人工の歯を取り付ける治療方法です。支柱が骨にきちんと接着するまでには約2ヶ月から6ヶ月の期間が必要となるため、治療が完了するまでには時間がかかります。インプラントのメリットは、義歯が埋め込まれているため、自分の歯のような安定感が感じられることです。食べ物も自分の歯で食べているような感覚で、歯を失っても以前のような感覚で食べる喜びを感じることができます。また入れ歯のように毎日取り外す必要がないためケアが楽というメリットもあります。費用は高めですが、それにみあうだけの効果が得られると考えられます。

代替の治療方法について

インプラントに代わる治療方法として、ブリッジや入れ歯が挙げられます。ブリッジとは並んだ3本以上の歯を失ったときに可能となる治療方法です。たとえば失った歯が1本である場合には、その両側の歯も抜いてブリッジを装着することになります。ブリッジを装着するためには、健康な歯も抜かなければならないというデメリットがあります。しかし、並んだ3本以上の歯を喪失した場合には便利な治療法です。入れ歯は歯を失ったときの治療法として行われてきた従来の方法です。壊れやすかったり外れやすいといったデメリットがありますが、口の中に異質なものがあるのが苦手な人であれば、頻繁に取り外すことができるため便利です。自分にとって最適な治療法を選びたいものです。